バカーサで予約したワイコロア・コロニー・ヴィラスが良すぎ – 結局暮らすように旅してしまうハワイ

ハワイ3日目。

今回のコンドミニアムはバカーサ(Vacasa)というバケーションレンタル管理会社が管理している物件だ。

VRBOやAirbnbで見つけたコンドミニアムの1つだ。

で、そのほかの物件と比較検討していたところ、直接Vacasaで予約したほうが安いことに気がついた。

若干不安もあったがかなり大きな会社っぽかったのと、何より安かったのでえいやで予約してしまったのだ。

 

そんなわけで予約したコンドミニアムがあるワイコロア・コロニー・ヴィラスに向かう。

敷地入り口には無人ゲートが設置されている。

入り口手前の操作盤で、メールで事前に連絡されたゲートコードを入力すると、ゲートが開く。

 

ワイコロア・コロニー・ヴィラスの敷地内はかなり広い。

 

レンタカーをそろそろと走らせて契約した物件を目指す。

 

専用のガレージ手前で車を止める。

 

鍵は玄関横のベンチにあるロックボックス内にある。

 

これまたメールで連絡されているロック解除番号を入力するとロックが外れ、鍵が手に入る。

 

早速中に入る。

広い。

2ベッドルームだけはある。

リビングが開放感溢れる吹き抜けになっている。

 

ダイニングテーブルとフルキッチン、什器の類も十分で、炊飯器まである。

 

窓の外はゴルフコース。

 

リゾート気分とはまさにこのこと。

ボディボード、ビーチチェア、ビーチパラソルといったビーチグッズもガレージ内に用意されている。

乾燥機付洗濯機が中にあるのがよい。

共用だといっぱいだったり取りに行かなきゃ行けなかったり何かと面倒で余計な時間がかかったりするが、専用だとそのような心配は無用。

トイレや浴室が2つあるのも何気に便利。

 

早速プールに行ってみる。

プールの入り口は鍵がかかっているので、部屋の中においてあった鍵で開ける。

 

ここも広い。

ジャグジー完備。

プールサイドにはバーベキューグリルもある。

宿泊期間中何度もプールで遊んだが誰もいないことの方が多かった。

 

ちょっと残念だったのはWi-Fiが切れることがあったこと。

30分ほどしたら復活するのだが、au世界定額のギガが減るのが地味に痛かった。

これまで、海外で通信するなら当たり前に現地キャリアのプリペイドSIMを利用してきた。 現地キャリアのプリペイドSIMはいわゆるWi-F...

 

それでもめちゃくちゃ静かだし、夜は星がきれい。

総合的にはかなりおすすめといえよう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする