パリ街歩きに必携のスマホアプリ!Visit Paris by Metro – RATP

今回のパリ旅行でお役立ちだったAndroidアプリをいくつか紹介したい。

本記事で紹介するのは「Visit Paris by Metro – RATP」というアプリ。

Google Playを起動してRATPで検索するとでてくるパリ交通公団謹製の無料アプリだ。

 Visit_paris_by_metro_01

このアプリの主な機能は以下のとおり。

■地下鉄(メトロ)/RERの路線図

 起動後の画面で「地図」をタップすると地下鉄(メトロ)/RERの路線図が表示される。

 Visit_paris_by_metro_02

 拡大縮小自由自在。

 しかも、Google Mapとタブ切り替えできる。

 Visit_paris_by_metro_03 (オンラインでの最大縮尺)

 これだけでもインストールの価値アリだが、さらに素晴らしいのはなんといってもオフラインマップ機能。

 予めマップデータをダウンロードすることにより、Google Mapをオフラインでも表示させることができるのだ。

 Visit_paris_by_metro_04 (オフラインでの最大縮尺)

 ただしオフラインマップの場合、オンラインマップと比較して縮尺が小さくなってしまう。

 とはいえ、これだけの縮尺表示だったら街歩きには問題ない。

 オフラインマップではフランス語表記となるが、フランス語表記は必ずしも欠点ではない。

 現地で見る表記は大抵フランス語表記だからだ。

 欠点は、オフラインマップデータのダウンロード方法(後述)が煩雑であること。

■パリ観光名所案内

 起動後の画面に、パリの見所がサムネイル表示されている。

 Visit_paris_by_metro_05

 サムネイルをタップすることで画像と説明が表示される。

 Visit_paris_by_metro_06

 ちゃんと日本語。

 サムネイルは左右フリックが可能で、一番左にフリックすると一覧表示させることができる。

 Visit_paris_by_metro_07

 これら観光名所案内は1.のGoogle Mapからアクセスすることもできる。

 帰国後、パリ旅行を反芻するのにもよいかも。

ちょっと面倒なのが、オフラインマップデータのダウンロード方法だ。

大まかに言うと、マップデータダウンロードのフラグを立てさせ、その状態でアプリを実行すればよい。

問題は、フラグの実行条件がよくわからないのとダウンロードに失敗すると最初からということ。

詳細な手順は以下のとおり。

(1)アプリを終了させた状態で、機内モードにするなどしてパケット通信できない状態とする。

(2)アプリ起動させると、画面の上の方に黄色の帯状にオフライン表示が出る。

 Visit_paris_by_metro_08

(3)この状態でこのアプリの機能でGoogle Mapを表示させると以下のようなダイアログが表示される。

 Visit_paris_by_metro_09

 「オフラインモードです。ネットワークに接続していないときでも閲覧できるように、オフラインモードで使用できる地図をダウンロードしますか?」

 ここでOKボタンをタップするとマップデータダウンロードのフラグが立つ(ように思える)。

(4)アプリを終了させる。

(5)パケット通信可能な状態とする。無線LAN通信推奨。

(6)GPS機能を完全にオフにする。これはおまじないレベルの手順かもしれない。

(7)アプリを再起動させると、以下のようなダイアログが表示される。

 Visit_paris_by_metro_10

 「オフラインで利用できるパリの地図をご利用いただけます。ダウンロードするには、携帯電話のデータ接続またはWiFi接続が有効になっていることを確認してください。」

 ここで「はい」ボタンをタップするとダウンロードの説明が表示される。

 Visit_paris_by_metro_11

 「Visit Paris by Metroアプリケーションを使うと、オンラインでパリの地図を閲覧することができます。ご希望の場合は、オフラインでも閲覧することが可能です。約20メガ。Wi-Fi接続時にダウンロードすることをお勧めします。」

 ここで「ダウンロード」ボタンをタップするとダウンロードが始まる。

 Visit_paris_by_metro_12

 バックグラウンドでダウンロードされるようなことが書いてあるがやめておいた方がよい。

 じっと待つのだ。

 ただし、ダウンロード中でもスリープモード抑止がかかっていないので注意が必要。

 画面が薄暗くなったら白いところをタップするとかしてスリープしないようにするのだ。

 うっかりスリープさせてしまうとダウンロード失敗となる。

 この場合は、フラグを立て直すために(1)からはじめた方がよいかも。

 場合によってはアプリのキャッシュを消すことから始めた方がよいかもしれない。

 ダウンロードがまったく進まない場合もある。

 この場合も、ダウンロード失敗しているので、やり直し。

 ※そもそも最初のダイアログが表示されない場合もある。

  この場合は、(4)からやり直す。

  GPS関連の設定は関係あるのかどうかよくわからないが、まあトライアンドエラーで1つよろしく。

ぜひ日本出国前にインストールしておくべきアプリだと思う。

オレサマは出発日1週間くらい前から、通勤電車内でこのアプリを使って地下鉄メトロの路線についてずっと予習していた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする