ISW11M (Photon)を海外で使う フランス・パリ編

ISW11M(Photon)
スポンサーリンク

パリでプリペイドSIMを購入しSIMフリーなISW11M(Photon)で使ってみたので、顛末をだらだらと。

 

フランスでも日本や台湾と同様いくつかのキャリアがある。

今回は事前の調査の結果、Orangeというフランステレコムが展開するキャリアを選択した。

Orangeのショップはパリのあちこちにある。

http://agence.orange.fr/telephonie-mobile/fr/Paris

シャルル・ド・ゴール空港にもあるという情報もあったが、送迎を予約していた関係で市街のショップで手続きすることにした。

 

日本出発前に、Orangeのホームページを確認しておく。

非常にわかりにくいが、プリペイドSIMには"mobicarte"というブランドが付されており、以下のプランが用意されているようだ。

(1)les recharges classiques

 5ユーロ単位でクレジットを購入。もちろん値段が高いほどお得にチャージされる。

 ネットはできず、通話とSMSのみ。

(2)les recharges max

 5ユーロ:1週間無制限SMS

 10ユーロ:1週間無制限通話&SMS&MMS

 20ユーロ:1ヶ月無制限通話&SMS&MMS+150MB分のインターネット

 30ユーロ:1ヶ月無制限通話&SMS&MMS+300MB分のインターネット

(3)les recharges internet mobile

 5ユーロ:1週間で150MB分のインターネット

 10ユーロ:2週間で500MB分のインターネット

(4)les recharges Maghreb

(5)la recharge Monde

(6)la recharge Holiday

(4)-(6)はよくわからんが日本人旅行者向けのプランではないようだ。

台湾と比べるとややけち臭いという印象を受ける。

これらのプランが明記されたページを印刷しておくことにする。

ちなみにこれらプランを明示したページはたびたびURLが変わる。

"carte prepayee mobicarte sans engagement l’offre"でググると幸せかも。

通話はドコモFOMAのスマホ(N-06C)をローミングで使い、無料通話分を活用するつもり。

そうすると、ISW11M(Photon)ではネットができればよいので、(3)les recharges internet mobileの10ユーロを選択すればよいようだ。

 

ギャラリー・ラファイエット百貨店でばあさん&相方と別れたオレサマは、チビさんを連れてオスマン通り(Bd. Haussmann)を東に向かう。

ラファイエット通り(Rue la Fayette)の交差点を超えて10mほど進むと右手にOrangeのショップが見える。

何気にちょっとしたブティックのような雰囲気の店構え。

ケータイ屋さんには見えない。

中に入ると接客中の店員2人がいる。

こちらを一瞥もせず、いらっしゃいませもなし。

んー、と思ってその店員に近づいて声を掛けるとちょっと待ってという。

奥から女性店員が出て来る。

入り口そばの端末をたたきながら、名前と用件を問われる。

名前を告げ、予めホームページを印刷した紙を指差すと、しばらく待つようにいわれる。

 

店内で展示されているスマホ端末を眺めているとさっきまで接客していた店員に呼ばれる。

対応してくれるようだ。

さっき女性店員がたたいていた入り口そばの端末は用件受付登録用の端末だったらしい。

で、また予めホームページを印刷しておいた紙の"les recharges internet mobile"の10ユーロのところを指差す。

英語はできるのか?と問われるオレサマ。

答えて曰く「ほとんどできない(キリッ」

店員さんからISW11M(Photon)の電源を切るよう指示され、電源を切って渡す。

やはりISW11M(Photon)裏蓋を開けるのに苦労しているのでこちらで開ける。

ISW11M(Photon)はOrangeでは扱ってなかったのかな?

店員さんはてきぱきとSIMを発行し、端末に挿す。

台湾ならこれだけでよかったのだが、OrangeではUSSDコードによるアクティベートが必要らしい。

で、店員さん、何度も何度も"#123#"とダイアル発信するのだが、これがノーアンサー。

 Ussd_ng

お店の窓際まで行ってやったりしてたけど、うまくいかないようだ。

結局、14桁のアクティベーション番号が印刷された紙を渡し1時間後に以下のUSSDコードをダイアルしなさい、といってオレサマへの対応を終わってしまった。

 #124*(14桁のアクティベーション番号)

このとき、店の端末を貸してもらうとかすればよかったのだろうが、CM10 AOKPという非正規なファームウェアをいれた端末を持ち込んでいたという負い目もあり、引き下がってしまった。

 

案の定、1時間経っても現象は変わらず。

試しにCWMでKDDI au謹製のファームウェアにしてみたが、やっぱり同じ。

les recharges internet mobileの10ユーロとプリペイドSIM発行手数料9.9ユーロの計19.9ユーロを無駄にしたか。。。

 :

 :

しかしなぜか結局6日間の滞在中、無事ネットは出来た。

いつネットできなくなるかわからないので、基本的に機内モード、必要時のみ機内モードを解除するようにして運用した。

6日間ネット接続できた理由はよくわからない。

プリペイドSIM発行手数料9.9ユーロには5ユーロ分のクレジットが含まれるが、そのクレジットではネットは出来ないと思う。

すべてはナゾ。

 

ちなみに台湾のときと同様、APNは勝手に選択される。

CM10 AOKPだったからだと思うが、正規ファームウェアでもそうなのかもしれない。

テザリングは問題なくできる。

ただ、台湾と比較して通信速度が遅い。

アンテナピクト横に表示される規格を示すアルファベットがHとなることは余りない。

EとかGとか。

EってEDGEか?

あと台湾同様、Huluはだめ。

500MBしかないのに動画サービスに接続するヤツはいないと思うけど。

Amazon appの本日限定無料アプリのダウンロードもだめ。

 Amazonapps_ng_2

まあ当たり前だな。

 

台湾に続き、よもやのフランスデビューを果たしたISW11M(Photon)。

次はあるかな?

コメント

タイトルとURLをコピーしました