Debian化したLS-XHLのkernelを入れ替えてみた

Linkstation

ようやくkirkwood搭載の高速NASを手に入れた。

kirkwoodは、armコンパチなCPUが統合されたMarvellのSoC、だそうだ。

例によってヤフオクでLS-XHLのガワだけ入手し、Debian化した。

 

かつてオレサマにも、1GHz超のCPUを持つNASがあればあれもこれもできる、そう思っていた時期がありました。

しかし、RadikoをNASで受信してVGF-WA1でRadikoを聞いてやるぜ!計画は、AAC→MP3変換に実時間以上かかって断念。

音声のトラスコすらできんのか。。

 

あれ、せっかく高速NASを手に入れたのにもうやることなくね?

rep2もDLNA(正確にはUPnP)サーバも、LS-GLで十分こなせるし。

確かにSambaの読み書き速度はLS-GLと比較してかなり速いが、オレサマの使い方では、各種動画のビットレート以上の読み速度があれば十分なのだ。

もし、LS-GLとLS-XHLの2台持ちなら、LS-XHLはDebian化する必要はないかもしれない。

LS-GLはDebian化して、やれることをやらせる。

LS-XHLでは、LS-GLではできないbuffaloファームウェアが提供する各種付加機能(Webアクセスとか)をやらせる。

蛇足だが、Webアクセス機能はなかなかよい。

身内に家族写真を見せるとか、旅行の写真を友人に渡すとかに重宝する機能だ。

ただ、もうちょっとセキュリティに気を配ってほしい。

せっかくDDNSのホスト名を登録しているんだから、IPアドレスや登録外のホスト名によるWebアクセス機能へのアクセスは弾いてほしい。

 

で、本題。

kernel再構築というのをやってみた。

別になんか目的があったわけではない。

ただ、LS-XHLをのDebian化で使用したkernelは、Buffaloのファームウェアのもの。

ところが、Buffaloのファームウェアのkernelのバージョンは2.6.31.8。

以前紹介した方法でLS-GLをDebian Squeeze化したときに入ったkernelのバージョンより低い。

それは、ちょっと、なぁ。

なんか、足の裏のごはん粒的な感じ。

取って食えるわけではないが、取らないと気持ち悪い、みたいな。

 

kernel再構築は、VMware PlayerにインストールしたUbuntu11.10で実施。

ソースのバージョンは、2.6.38.8

ソースの入手先は、こちら(from kernel.org)

ソースのパッチは、こちらを参照して以下のソースに適用。

arch/arm/mach-kirkwood/Kconfig

arch/arm/mach-kirkwood/lsxhl-setup.c

arch/arm/mach-kirkwood/Makefile

(arch/arm/tools/mach-typesはいじらない)

ツールチェイン(クロスコンパイラ)は、Codesourceryの arm-2011.03-41-arm-none-linux-gnueabi-i686-pc-linux-gnu.tar.bz2 を使った。

 

クロスコンパイルによるkernel再構築でひっかかったことがある。

uImage.buffaloをつくるには、make zImageしてmkimageでzImageからuImageに変換するのだが、この作業をUbuntuでやるとなぜかLS-XHLが起動しないuImageが出来上がる。

zImageからuImageへの変換はLS-XHLでやった方がいい。

mkimageは、aptitude install uboot-mkimageで入る。

 

せっかくなので簡易ベンチマーク。

Windows XPをクライアントにして、CrystalDiskMarkでSambaの読み書き速度を比較してみた。

LS-XHLのベースシステムはdebootstrapを使ってDebian Squeeze化したときのものであり、同一。

違いは、LS-XHLのカーネルとカーネルモジュールのみ。

LS-XHL w/ kernel 2.6.31.8

———————————————————————–
CrystalDiskMark 3.0.1 (C) 2007-2010 hiyohiyo
Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
———————————————————————–
* MB/s = 1,000,000 byte/s [SATA/300 = 300,000,000 byte/s]

Sequential Read : 36.093 MB/s
Sequential Write : 44.499 MB/s
Random Read 512KB : 23.006 MB/s
Random Write 512KB : 47.186 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) : 0.584 MB/s [ 142.6 IOPS]
Random Write 4KB (QD=1) : 7.399 MB/s [ 1806.4 IOPS]
Random Read 4KB (QD=32) : 0.593 MB/s [ 144.8 IOPS]
Random Write 4KB (QD=32) : 7.269 MB/s [ 1774.5 IOPS]

Test : 1000 MB [Z: 61.0% (844.8/1385.9 GB)] (x5)
Date : 2012/01/23 21:51:47
OS : Windows XP Professional SP3 [5.1 Build 2600] (x86)

LS-XHL w/ kernel 2.6.38.8

———————————————————————–
CrystalDiskMark 3.0.1 (C) 2007-2010 hiyohiyo
Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
———————————————————————–
* MB/s = 1,000,000 byte/s [SATA/300 = 300,000,000 byte/s]

Sequential Read : 37.176 MB/s
Sequential Write : 47.706 MB/s
Random Read 512KB : 24.125 MB/s
Random Write 512KB : 47.725 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) : 0.597 MB/s [ 145.7 IOPS]
Random Write 4KB (QD=1) : 7.851 MB/s [ 1916.8 IOPS]
Random Read 4KB (QD=32) : 0.528 MB/s [ 128.8 IOPS]
Random Write 4KB (QD=32) : 7.957 MB/s [ 1942.6 IOPS]

Test : 1000 MB [Z: 61.0% (844.8/1385.9 GB)] (x5)
Date : 2012/01/23 21:18:01
OS : Windows XP Professional SP3 [5.1 Build 2600] (x86)

LS-XHL w/ kernel 2.6.31.8 LS-XHL w/ kernel 2.6.38.8
26318_2 26388_2

ご覧の通り、一見有意な差がない。

ただわずかな差のものも含め、8項目中7項目で2.6.38.8のkernelの方が成績がよい。

Sequential Writeは7%以上の向上だ。

つまり、2.6.38.8のkernelを入れる意味がないというべきではない、といってもいいような気がする、今日この頃。

手間を考えると入れる意味はないけど。

 

ようやっと下がってきた!?

コメント

タイトルとURLをコピーしました