チャーリータクシーってそうなんだ – 結局暮らすように旅してしまうハワイ

ハワイ

税関検査場を抜け、個人用出口を出る。

ホノルル空港からワイキキまではJALOALO特典ページでチャーリータクシーを予約済み。

 

個人用出口を出てすぐのところに、チャーリータクシーの受付のおじさんを発見。

 

おじさんに名前を告げると、自分の名前が書かれた小さなカードを渡される。

このカードを持って、道路を渡ったところにある駐車場に行けと指示される。

いわれるがまま、横断歩道を渡って駐車場に入る。

目に入ったのは20人以上の長い列。

なんなの、この人たち。

 

そう思ったのが間違いであることをすぐに悟る。

自分もこの人たちと同じ仲間、チャーリータクシーを予約した人たちなのだ。

チャーリータクシーの予約というのは、つまりこういうこと。

通常、タクシーを予約したら特定の車両が割り当てられるものだが、チャーリータクシーの場合は、専用の乗り場に並んで、来たクルマに乗るものなのだ。

 

専用乗り場だけあって、それなりにクルマはつぎつぎやってくる。

10分ほど並んだところで自分の番がやってきた。

 

「メーターは回すけど、定額だから」

物腰やわらかな口調で、ただしそれは当然に英語で、ドライバーはいう。

いやいや、そんなことは分かってるけど。

っていうか、現金払いする必要あったっけ?

あわてて手元のスマホで、メールを確認する。

やっぱりクレジットカードを登録済みだよな。

たどたどしい英語で支払い済みであるというと、わかってるよ、見たいな感じで丁寧に返される。

事前払いなのにメーター回すから、勘違いしてしまったよ。

 

今回のワイキキのお宿は東の端っこ。

レンタカーでは降りたことないICでH1を降り、タクシーはカパフル通りに入る。

コメント

タイトルとURLをコピーしました