ホークスの来季2012年のローテ

西武の帆足がホークスに移籍、ということで2012年のローテはどうなるだろうか。

今季の実績を踏まえるなら、

摂津、帆足、山田、とここまでは出るだろう。

多少心配なのがアジアシリーズで登板回避した摂津。

アジアシリーズで苦杯を嘗めた3大理由の1つだ。

ちなみに2つ目の理由は陽の凱旋登板、3つ目は大隣のドミニカ派遣。

異論は認めない。

もし摂津を除いてローテ5人を出せとなれば、

帆足、山田、岩嵜、大隣、大場、か。

これはつらい。

小椋、新垣、巽はどうなっとる。

秋山監督は今度こそ馬原を前に持ってくるかもしれん。

 

ついでに杉内について触れる。

杉内のFAについては、一部小林至部長を責める声がある。

確かに理想論や妄想に基づいて動いているようにも見える。

しかし忘れてはいけないのは、小林部長は孫オーナーに招へいされたということだ。

要は、小林部長の査定方針は孫オーナーの球団運営理念を具現している、とみなすべきということ。

小林部長はあえて悪役を演じているだけ、かもしれぬ。

帆足に4年10億なんて、杉内から見ればケータイのMNP優遇とダブって見えても仕方がないだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする