ガラケーのメール無料プランを使い倒せ!NASを利用してお得情報をメール配信!!

NTTドコモ、KDDI au、ソフトバンクモバイルの各キャリアから続々と発売されるモデルはすっかりスマホ一色となっている。

ガラケー(フィーチャーフォン)は出ても旧機種の焼き直し。

だが、ガラケーにはスマホより優位なところがまだまだある。

まずなんといっても安定性。

よく英語で"rock solid"な、とか言われるが、スマホが岩ならガラケーはダイヤモンド級だ。

次に電池の持ち。

スマホは特に使ってなくても毎日充電する必要がある機種ばかりだ。

ガラケーなら毎日充電する必要はない。

その理由は、通信だ。

スマホは勝手にパケット通信する。

ガラケーはそんなことはない。

この違いを最大限に活かせるのはいわゆる「メール無料プラン」だ。

ドコモの「タイプシンプル バリュー(メール使いホーダイ)」、auの「プランE シンプル(ガンガンメール)」、ソフトバンクの「シンプルオレンジE」。

外出先ではネットしないという場合、これらのメール無料プランが非常にヨイ。

メールし放題なのに月々の携帯代が1000円ちょっとで済む。

ただし、ガラケーに限る。

スマホは勝手にパケット通信するのでパケット定額上限に一瞬で張り付く。

 

そこで、オレサマはガンガンメール契約のSIMを挿した愛機S006にお得情報を準リアルタイム的にメールで配信するようにしている。

お得情報を掲載している数多あるサイトはたいていRSSを提供している。

これをメールに変換してS006に送信しているのだ。

 

rss2emailというソフトを使えば、簡単にできる。

オレサマは、LinkstationのLS-GL、LS-XHLにdebian 6(squeeze)をインストールしてLinuxBoxとしている。

こいつにrss2emailをインストールするのはコマンド一発だ。


# aptitude update
# aptitude install rss2email

・・・2発じゃねぇか。

 

設定方法も簡単に紹介しておく。

・設定ファイルの雛形をコピー


# cp -p /usr/share/doc/rss2email/examples/config.py ~/.rss2email

・設定ファイルのメール送信サーバ(SMTPサーバ)のとこを適宜いじる。

 少なくとも以下のところをいじる必要があるだろう。


SMTP_SEND = 1
SMTP_SERVER = "smtp.gmail.com:587" ←送信メールサーバアドレス設定
AUTHREQUIRED = 1 ←SMTPサーバが認証を必要とする場合、1
SMTP_USER = 'username@gmail.com' ←認証のユーザー名
SMTP_PASS = 'password' ←認証パスワード

##ヲイ、パスワードが平文で保存されてるぞ!とかいう向きには、SMTPサーバソフトを自鯖にいれてしまえばよいのではないか。

・メール配信先を登録


# r2e new username@docomo.ne.jp ←auなら username@ezweb.ne.jpとか。GMailとかでもよい。

・RSSを登録


# r2e add http://example.com/index.rdf

・過去記事のRSSを配信しないようにする(初回のみ)


# r2e run --no-send

・crontabに登録


0/5 * * * * /usr/bin/r2e run ←5分おきにRSSチェックする場合

 

これで最悪ケースでも5分遅れでお得情報をガラケーでチェックできる。

お得情報じゃなくてもYahooのニュースとか、RSS配信しているサイトならなんでもOK。

もちろん、LTEをパケットフラットで契約中のお大尽さまでもこの方法は使える。

 

お得情報を読んで、買いたくなったらどうするかって?

・・・セブンイレブンに飛び込んで無線LANとかw

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする