凹んだスーツケースを修理してみた

その昔サウスウエストでラスベガスからサンフランシスコに飛んだとき、サムソナイトのハードスーツケースを凹まされた。

 

スーツケースなんてのは傷や凹みが付き物なのでさほど気にしていなかった。

しかし。

よく考えたらこのスーツケースは弟からの借り物だったのだ。

確かに、弟にしてみたら置く場所が無いから返してもらっても困る、というブツではある。

ではあるが、しかし他人の借り物を凹ますというのはどうよ。

 

そんなわけで修理してみることにする。

用意するのはドライヤーと木槌。

木槌といってもダイソーとかで売っているもの。

別にトンカチでもよい。

 

凹んだところにドライヤーの吹き出し口を密着させる。

数分温めたところで、木槌の柄で凹みの内側から叩き出す。

結構簡単。

凹み具合の様子を見ながら温め→叩き出しの工程を何度か繰り返す。

 

で、仕上がりがこちら。

 

DIYにしてはよくできたと思う。

弟は許してくれるかの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする