スマホ購入時に店頭で実施すべき動作確認とは 初めてマカオ+台北

これまで何台か海外でスマホを購入してきたが、店頭購入は今回が初めてだ。

情報収集する限りZenFone 3は初期不良が少なそうではあるが、それでも最低限の動作確認はしておきたい。

こういうときどのような観点でスマホをチェックするのかというと、それはずばりハードウェア動作。

たとえば、

・液晶表示

・タッチパネル

・バイブレーション

・物理ボタン、物理キー

・スピーカー

・通信(3G/4G、無線LAN、Bluetooth)

・カメラ

・各種スロット(SIMスロット、メモリースロット)

・各種センサー(指紋、加速度、ジャイロ、近接、コンパス)

などなど。

もちろんこれらをすべてチェックすることは時間的に難しい。

今回は以下のとおり確認。

店員さん、箱を開けてZenFone 3を取り出すとこちらに外装チェックを要求する。

問題ない旨伝え、SIMを挿してもらうことにする。

SIMは2枚刺さるので、空港で調達した中華電信のプリペイドSIMと日本から持ち込んだソフトバンクの黒SIM(nanosim)を渡す。

起動後、初期不良チェック開始。

まず設定画面を開き、2枚のSIMが認識されていることを確認する。

この段階で液晶表示に特段の違和感がないことやタッチパネルに問題がないことも確認する。

デフォルトでは各種設定や操作でバイブレーション動作が入るので、バイブに問題がないこともわかる。

カメラアプリを起動し、液晶にカメラレンズが捕らえた映像が映ることを確認する。

あと、指紋センサーとBluetoothについては設定からメニューが表示されればOKとする。

次にYoutubeアプリを起動し、適当な動画を再生する。

物理ボタンで音量を調節し、スピーカーから音が出ることを確認。

これで4G通信に問題がないことも分かる。

ZenFone 3は戻るボタン、ホームボタン、アプリ一覧表示ボタンが物理ボタンなのでこれらも動作することを確認。

ZenFone 3は対応するバンドによって台湾版、ワールドワイド版、インド版などがあるが、箱の裏にそのどれになるのか表示されている。

 Ze520kl_tw

まあ、台湾のASUSショップなんだから台湾(TW)版に決まっているわな。

 :

店員さんが催促してきたので動作チェックを切り上げる。

ほんとはSDカードスロットもチェックすべきだが、今回はパス。

さすがにやりすぎかもしれないけど、帰国してから初期不良が出たりしたら非常に面倒なのでできることはしておきたいところだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする