安くてウマイ!点心で晩御飯~ブロードウェイ・フード・ストリートの添好運 初めてマカオ+台北

旅行2日目20時、ホテル・ギャラクシーマカオ。

お楽しみの晩御飯。

隣接するブロードウェイ・ホテルのそばにレストラン街があるらしいので、そこに徒歩で向かう。

 

遠い。

まずギャラクシーマカオとブロードウェイを結ぶ連絡橋まで10分以上。

渡った先のブロードウェイの建屋で迷ってしまい、結局ブロードウェイ・フード・ストリート(Broadway Food Street)まで20分も歩いてしまう。

 

通りにはたくさんの店が並んでいる。

カジュアルな店ばかりで、ゴージャスなギャラクシーマカオとは大違いだ。

 

どの店も気になる。

いつもだと悩みに悩むところだが、今回は相方の下調べどおり添好運(Tim Ho Wan)という店に入る。

点心の店だという。

 

店内は混んでいたが運よくすぐにテーブルに案内される。

メニューを見る。

写真つきで分かりやすい。

どれもおいしそうだ。

 

ひとしきり悩み、注文する。

まずはお店の4大オススメ(四大天王)をすべて注文。

 
 パイ皮チャーシュー蒸しマン(酥皮焗叉燒包、酥皮焗叉焼包)

 
 豚肉レバー入り腸粉(黃沙豬潤腸)

 
 焼き大根餅(香煎蘿白糕)

 
 中華風カステラ(香滑馬拉糕)

そして、その他炭水化物系と点心を注文

 
 牛肉飯の目玉焼きトッピング(煎蛋牛肉飯)

 
 蝦シューマイ(鮮蝦燒賣皇)

 
 醤油焼きそば(豉油王炒麺)

 
 潮州風蒸し餃子(潮州粉果)

 
 ピータンと豚肉のお粥(皮蛋痩肉粥)

 

4名みな絶賛という品とそうでないものとに分かれた。

オレサマ的に許せないのは酥皮焗叉燒包、ちまたでチャーシュー入りメロンパンと呼ばれるもの。

甘いんだよね。

皮が甘い。

何せ砂糖をまぶしているんだもの。

チャーシューと合っているようには思えんのだが、女子供はうまいという。

 

これ以外は再訪する機会があればまた注文してしまうかも。

特に豉油王炒麺(醤油焼きそば)はガチ。

点心じゃないけどね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする