Android 4.2ベースCM10.1@ISW11M(Photon)、待望の更新

スポンサーリンク

Th3Bill神は、Photonを見捨ててはいなかった。

数日前に、待望のISW11M (Photon)向けのAndroid 4.2ベースのCM10.1の更新があったのだ。

Wi-Fi運用可能版のリリースから約1ヶ月ぶり。

 

実はオレサマ、CM10.1での運用を諦めてCM10 AOKPをインストールして使っていた。

以前のCM10.1では標準ブラウザのタッチコントロール誤判定が発生するし、一部ゲームができなくなったためだ。

それらの改善を期待しつつ、早速入れてみた。

ドコモSIMを使う場合、インストール方法に一工夫必要であるが、これについては後述する。

ちょろっといじる限りでは、以前と比較して劇的な改善はないようだ。

標準ブラウザのタッチコントロール誤判定はマシになったが、なくなってはいない。

そのほか、一部のゲーム起動不可、Wi-Fiテザリング不可、Bluetooth不可は相変わらずだ。

んー、CM10 AOKP JellyBean Milestone 1に戻すかね。。

 

インストール方法は次の通り。

ドコモSIMを使う場合、予めlibmoto_ril.soを用意しておく必要がある。

正確に言うと、インストーラーのZIPには入っているのだがインストール時にGSMオプションを選択しても所定のディレクトリ(/system/lib)にコピーされないのだ。

ここでは、インストール完了後に適当なアプリで/system/libにlibmoto_ril.soをコピーする方法を選択することとする。

0.下準備

以下を準備する。

(1)CM10.1 for ISW11M (Photon)

 ファイル名:cm-10.1-20130212-UNOFFICIAL-sunfire_fixed.zip

 ダウンロードは以下URLから。

  http://th3bill.com/?page_id=444

 対応するxdaフォーラムのスレッドは以下。

  http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=2078411

(2)Gapps for Android 4.2

 ファイル名:th3bill_gapps_jb_4.2_Aroma.zip

 ダウンロードは以下URLから。

  http://th3bill.com/?page_id=444

(3)libmoto_ril.so

 (1)のZIPファイルの/customize/gsmから取り出すか、既にPhotonに以前のCM10などのカスタムROMを入れてるなら/system/libからコピーして、(1)、(2)のファイルと一緒にSDカードに置いておく。

1.CM10.1インストール

これまでどおり。CWMを起動後(1)と(2)のZIPを2回選択するだけ。

(1)cm-10.1-20130212-UNOFFICIAL-sunfire_fixed.zip

 このZIPはこれまで同様AROMA インストーラーでオプションを選択するもの。

 ただし選択方法が変わり、いちいちダイアログが表示されるようになった。

 最初のWIPEオプションはFULLを選択してクリーンインストールするかCache and Dalvikを選択して上書きインストール。

 ドコモSIMを使う場合、(Sprintではなく)OTHERを選択後、GSMを選択。

 auで使う場合、Sprintを選択。

 その他のオプションはお好みで。

 最後、リブートするかどうか聞いてくるが、チェックを外してリブートしないようにする。

(2)th3bill_gapps_jb_4.2_Aroma.zip

 このZIPも(1)と同様AROMA インストーラーでオプションを選択するもの。

 Googleアプリを個別にインストールすることができるが、下手な選択するよりALLを選択してしまうのが吉。

 最後はリブートを選択。

2.libmoto_ril.so(ドコモSIMを使う場合)

 リブート後、初期設定ウィザードを一通り終わらせる。

 適当なアプリ(ESファイルエクスプローラーなど)で、SDカードにおいといたlibmoto_ril.soを/system/libにコピーする。

 そしてコピーしたlibmoto_ril.soのパーミッションをrw-r–r–とする。

 で、またリブートするとドコモの電波をつかめるようになる、はず。

価格下落中、
狙い目!
オレサマが使っているのは
このタイプ
捨て値処分中!
使い道はポチってから考えよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました