DellのノートPCにLinux Mintを入れた話に楽ナビへの愚痴を添えて

2年と4ヶ月ほど前に保証を使って修理したDellのノートPC(inspiron 1520)。

こいつに、今年の正月休みを利用してLinux Mintを入れた。

XPのサポート切れが迫っていたためである。

このinspiron 1520はWSXGA+(1680×1050)、Core 2 Duo T8100(2.1GHz)、メモリ4GB、GeForce 8600M GT、Intel4965AGN(11n/a/g/b)という豪華(?)仕様。

インストールしたのはLinux Mint 13 "Maya"。

Ubuntu 12.04 LTSをベースとした長期サポート版というところが選択理由。

Linuxにする際、HDDを256GBのSSDに換装した。

こうすることで5年以上前のPCでもストレスなく使えるだろうし、万一インストールに失敗したり手こずったりしてもHDDに戻せばWindowsが立ち上がるので安心して作業できる。

購入したSSD(CSSD-S6T256NHG5Q)は7mmと換装前のHDD(9.5mm)より薄いが、ティッシュとかで隙間を埋めておけばよい。

HDDからSSDへの換装用スペーサーがあるのでそれを購入する手もある。

オレサマはそうした。

ちなみにパーティションについてはインストーラーの実行途中で、OS領域用に30GB、/home用に220GB、swap用に6GBに分割した。

swapに6GB確保したのはハイバネーションを試してみたかったから。

SSDでハイバネするのは馬鹿げているとは分かっているがやってみたかったんだから仕方ない。

うまく行ったことを確認したっきり使っていないけど。

Windows7や8を買わずにLinuxを入れたのは、好奇心もあるがどうせネットとメールくらいだからというのが一番大きな理由である。

Linux Mintのインストール後4ヶ月ほどほぼ毎日使っているが、SSD効果も相まってサクサク動作するため、ストレスフリーな使用感である。

しかし、Linux系デスクトップ用OSを使っているとやっぱりWindowsでないとだめ、というシチュエーションも多々あることに気がつく。

主に周辺機器を使おうとして右往左往するのである。

まずプリンター。

我が家では、ブラザーの無線LAN対応インクジェット複合機(DCP-J515N)を使っていた。

ブラザーはLinux向けにドライバーを公開しているので、そいつをインストールすればよい。

なんとLinux向けスキャナードライバーも用意されているので、スキャンした画像の取り込みも可能。

Linux向けのドライバーまで公開するメーカーには頭が下がるが、ただやっぱりWindows向けにはLinux向けにはないユーティリティまで公開されており、使い勝手がよい。

次にUSBデバイスサーバー。

我が家では、アイオーデータのETG-DS/USを使っていた。

しかし、これはLinux向けドライバーが用意されていない。

ちょっと調べる限り、Linuxで使えるUSBデバイスサーバーなんてのがそもそも無いように思える。

まあ、めったに使わないのでinspironで使うのは諦め。

そして、パイオニアのカーナビ。

楽ナビ AVIC-MRZ009。

無料で地図を更新出来るというマップチャージに対応し、最大3年間無料で最新データに更新できるというのだが、それには基本的にWindowsPCが必要なのだ。

#他に通信モジュールで更新するという手があるようす。

Macがダメというのはステキなのだが、Linuxなど当然ダメ。

こんなことを書くとWineガーとか言い出す人がいるので困る。

はたまたWindows買えばーみたいなことを言う人もいる。

初心者であることを振りかざすつもりはないが、この手の反応を目の当たりにしているとマジ疲れる。

本筋と関係ないが、この楽ナビのデータ更新の不具合でエライ目に遭った。

手順どおりやったつもりだが、ソフトウェア更新後、特定の操作でカーナビが再起動するようになってしまったのだ。

思わず動画もとってしまった。

このときパイオニアから、お世辞にも褒められないというかクソ対応をいただいてしまい、問い合わせから2ヶ月近くかかってようやく修理完了という。

さんざん顧客側の手順なり車両なりに原因を求めようとした挙句、結局ソフトウェア更新時に不良が発生したという見解をよこすという。

話をLinuxに戻す。

周辺機器の他にも、auとかのサイトがUA偽装しないとログイン出来なかったりなにかと面倒くさい。

こういうとまたタダだから仕方ないだろう的な物言いが来たりするが、デスクトップOSとして使おうとするとホントに面倒なOSである。

ちょっと何か設定を変更しようとググる場合、ディストロのバージョン、デスクトップ環境の種類やバージョン、アプリのバージョンと3点セットに気をつける必要がある。

ちょっと前まではその手順でよかったんだけど、みたいなことも多々ある。

そういうのを楽しめない向きには、ススメられない。

といいつつオレサマも実はそれほど楽しめていない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする