リンクステーション LS-GLにDebian 9 (stretch)をクリーンインストール その2

Debian 9 stretchをLS-GLに新規インストール、その2。

早速。

 

1.新規HDDのパーティション分割及びフォーマット

ここでは新規HDDをDOS(MBR)形式でパーティション分割し、ext2でフォーマットする。

1つめのプライマリパーティションは/boot用、1GB程度。

2つめのプライマリパーティションはroot(/)用、10GB程度。

3つめのプライマリパーティションはswap用、512MB程度。

用意したHDDをHDDケースなりなんなりでLinux系OSが動作しているPCに接続する。

dmesgコマンドとかで新規HDDのデバイス名を確認。

ここでは、新規HDDのデバイス名が/dev/sdbであったと仮定する。

ターミナルを開いて以下のとおりfdiskコマンドを実行。

# fdisk /dev/sdb
Device contains neither a valid DOS partition table, nor Sun, SGI or OSF disklabel
Building a new DOS disklabel with disk identifier 0xZZZZZZZZ.
Changes will remain in memory only, until you decide to write them.
After that, of course, the previous content won't be recoverable.

Command (m for help): o
Building a new DOS disklabel with disk identifier 0xYYYYYYYY.
Changes will remain in memory only, until you decide to write them.
After that, of course, the previous content won't be recoverable.

Command (m for help): n
Partition type:
   p   primary (0 primary, 0 extended, 4 free)
   e   extended
Select (default p): p
Partition number (1-4, default 1): 1
First sector (2048-2930277167, default 2048): (ENTER入力)
Using default value 2048
Last sector, +sectors or +size{K,M,G} (2048-2930277167, default 2930277167): +1GB

Command (m for help): n
Partition type:
   p   primary (1 primary, 0 extended, 3 free)
   e   extended
Select (default p): p
Partition number (1-4, default 2): 2
First sector (1955173-2930277167, default 1955173): (ENTER入力)
Using default value 1955173
Last sector, +sectors or +size{K,M,G} (1955173-2930277167, default 2930277167): +10GB

Command (m for help): n
Partition type:
   p   primary (2 primary, 0 extended, 2 free)
   e   extended
Select (default p): p
Partition number (1-4, default 3): 3
First sector (21486423-2930277167, default 21486423): (ENTER入力)
Using default value 21486423
Last sector, +sectors or +size{K,M,G} (21486423-2930277167, default 2930277167): +512MB

Command (m for help): p

Disk /dev/sdb: 1500.3 GB, 1500301910016 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 182401 cylinders, total 2930277168 sectors
Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disk identifier: 0xYYYYYYYY

   Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sdb1            2048     1955172      976562+  83  Linux
/dev/sdb2         1955173    21486422     9765625   83  Linux
/dev/sdb3        21486423    22486422      500000   83  Linux

Command (m for help): w
The partition table has been altered!

Calling ioctl() to re-read partition table.
Syncing disks.

・・・お気づきだろうか。

Foonasのfdiskとは違って、4KBのアライメントを手計算したりしていない。

最近のfdiskは、4KBのアライメントを自動的に調整してくれるのだ。

 

続けて1つ目のパーティション(/dev/sdb1)をext2でフォーマット。

mkfs.ext2 -I 128 /dev/sdb1

おまじないのオプションを忘れないこと。

 

以下次回

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする