GALAXY Tab 7.0 PlusにAndroid 6.0(Marshmallow)ベースのCM13を入れたら

1ヶ月ほど前、GALAXY Tab 7.0 Plus(SC-02D)にカスタムROM、Android 6.0(Marshmallow)ベースのCM13を入れた。

安定している、との書き込みをxdaのフォーラムでいくつか確認することができたからだ。

インストール手順は、以前投稿したCM12.1のときと同様。

まず、TWRPというカスタムリカバリーツールがインストールされていること。

TWRPをSC-02DにインストールするにはPCが必要であるが、その手順はググればいくらでも出てくる。

TWRPのインストールイメージは、xdaのスレッドからダウンロードできる。

http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=2538507

そして、CM13のファームウェアとGoogle Play等の各種Googleアプリ(Gappsという)をダウンロードしてSDカードに保存。

CM13のGALAXY Tab 7.0 Plus用のファームウェアもxdaのスレッドからリンクをたどってダウンロードできる。

http://forum.xda-developers.com/galaxy-tab-7-7/development/rom-android-marshmallow-experimental-t3234388

SC-02Dの海外版の型番がGT-P6200なので、ファイル名にP6200が入っているものをダウンロードすべし。

GappsはOpen Gappsのサイトから。

http://opengapps.org/

Marshmallow用を選択し、PlatformはARM、VariantはPICOを選択してダウンロード。

端末をボリュームアップ+電源ボタン同時押しで起動するとTWRPが立ち上がる。

TWRPでファクトリーリセットをかけて、CM13のファームウェア、GappsのZIPファイルを続けてフラッシュ(インストール)する。

これだけで手順は終わりだ。

CM12.1のときと同様、初回のみ起動に時間がかかる。

10分位かかるかも知れないが慌てず待つこと。

あと、デフォルトでは画面がやたらと暗いのも同様。

見にくい画面を凝視して、初期設定する必要がある。

初期設定後、画面設定で明るさの自動調節をオフにすればよい。

さて、CM12.1とCM13とでなにが変わって何が変わらないか。

 Screenshot

1ヶ月ほど使った感想としては、CM13の方がわずかながらさらにもっさりしている。

どちらもタスクの切り替えがめちゃくちゃ遅いのだが、CM13の方がアプリ内の動きがコンマ何秒か遅れることがあるのだ。

あと、フォントが変わっている。

ググったところ、モトヤフォントからNoto Sans CJKというのに変わったそうだ。

すぐに慣れるが、前の方が良かったように思う。

無線LAN(WiFi)の掴みも悪くなった。

その他には違いがあまり感じられない。

Google ChromeでWebを見ているだけだから、かもしれない。

SIMを入れて通話してみたり、Bluetoothを使ってみたりしたら何か違いがあるかも、だけどやってみようとは思わない。

こうしてみると、CM12.1を入れているならわざわざCM13にする必要はないかな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする