グランド・キャニオン国立公園内のレストランで夕食 子連れラスベガス+α(グランド・キャニオン編)

グルメ・クッキング
スポンサーリンク

6日目18時過ぎ、ヤバパイ・ロッジのフロント棟。

ここには、ホテルフロントのほかレストランやおみやげ屋、コーヒーショップなどがある。

公衆無線LANもあるのでスマホに夢中になっているティーンズがあちこちに座り込んでいる。

 

ヤバパイ・ロッジ・レストランに向かう。

このレストランは時間帯によって注文できる料理が変わる。

どれもかなりリーズナブルな価格。

 

注文は、タッチパネル式のキオスクで行う。

 Kioskyavapai_cafe

操作方法を教えてくれる係員さんがいるが、基本的には自分で操作する。

表示言語に日本語を選択できるのでサクサク注文できる..と言いたいところだが注文方法の思想というか仕様が変わっていて多少まごつくところもある。

注文したい料理をカートに入れていけばよいことに気づけば、問題はない。

最後にクレジットカードをスワイプしてまとめて決済する。

 

キオスクが吐き出すレシートに、ピックアップする引き取り口の番号と、自分の注文の番号が書かれている。

待っている間に、窓際のテーブルをキープする。

 

注文したのは。。

オレサマはバーベキュー・ポーク・リブのハーフ。

 Bbq_pork_ribsyavapai
 サラダ付きで15ドル弱。

 

相方はロティサリー・チキンのハーフ。

 Rotisserie_chickenyavapai
 サラダ付きで14ドル弱。

ロティサリー・チキンというのは回転肉焼き器で焼いたバーベキュー・チキン。

コストコとかでよく見る。

 

チビさんはペパロニ・チーズ・ピザ、1ピース。

 Pepperoni_cheese_pizza
 4ドル。

 

相方のチキンとチビさんのピザはあたり。

山の上でコレだけのものがリーズナブルに食べられるというのがすごい。

一方、オレサマのポーク・リブはイマイチ。

ちょっと悔しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました