携帯動画変換君でS006用に動画を変換する

スポンサーリンク

こないだ、auのS006をMNPで入手した。

というのも、この1年間使ってきたCA003に不満があったからだ。

CA003、モッサリ。

N-06Aほどではないが、操作に対するレスポンスが一々遅いのだ。

 

世の中、スマホが花盛り。

一方、オレサマの用途は主にメールで従に通話。

ガンガンメール、ドコモでいうところのメール使いホーダイだと、月々1000円ちょっとで済む。

ところが、この使い方をスマホでやろうとするとパケ代は上限を覚悟しなければならない。

いや、droidwallだのなんだの使えばパケ代を抑え込めるかもしれないが、パケット漏れを気にしながらスマホ使うなんて、、ハゲるよ?

 

そんなわけで、軽くて機敏なガラケーを探す。

手っ取り早いのはスナドラ搭載機種から選択することだ。

実はスナドラケータイというのは希少に近い存在だ。

ドコモやソフトバンクのスナドラ機種はみなスマホ(だと思う)。

auのスナドラケータイというと、

T006、T007、T008、CA007、K009、S004、S005、S006、S007、G11

らしい。

今回はこのなかから、毎月割と防水を決め手にS006を有力候補として選択。

毎月割が2150円もあるから、一括で買えば7円運用が可能。

ちなみに、T006にしようかともちょっとだけ悩んだ。

しかし、結局ソニエリの端末使ったことがなかったことからS006にしたわけだ。

 

で、このS006、まだ10日ほどしか使ってないがなかなかヨイ。

狙い通りサクサクなのがマル。

画像のサムネイル表示や閲覧も非常にスムーズ。

また、カメラがイイ。

Cyber-Shotを名乗っているのはダテではなく、ほとんどコンデジそのものだ。

デバイスに頼りきることなく、ソフトウェアもそれなりにブラッシュアップされている。

室内など、光量が不足気味なシーンでも、なんとか絵にしようとしてくれる。

 

イクナイところ。

ワンセグの録画や歩数計の履歴を見るのにパケット接続が必須(のよう)であること。

(もしホントにそうなら)理不尽にも程がある。

Wifi WINをオプションで付けても7円運用できるので、カバー可能だが納得いかん。

S006だけの問題なのかauの最近の機種はみなそうなのか。

 

でで、ようやく動画再生について。

なんとこの機種、16:9動画を全画面再生できない。

いや、ワンセグの録画なら16:9動画を全画面再生できる。

できないのは、S006で撮影したムービーに偽装した16:9動画を全画面再生すること。

例えばシャープ(SH008)とかカシオ(CA003)なら、16:9動画をレターボックスで640×480に収めた動画を拡大再生することによって全画面再生できる。

ところがS006では、それは見事な額縁再生になってしまう。

試しに16:9動画をスクイーズで640×480に収めた動画を作ってみたが、全画面再生はできずアスペクトがくるってしまう。

つまり、S006で16:9動画を見たければレターボックスで変換して額縁動画を再生するか、サイドカットで変換して左右が切れた動画を再生するかという苦しい選択を迫られるわけだ。

上記を踏まえた、携帯動画変換君のS006用設定の一例(XVid+AAC、3gpp2コンテナ)を挙げておきたい。

この設定では、画像サイズの仕様は次の通りとなる。

 ・アスペクト比16:9用(レターボックス)

  640×360に変換して上下60ピクセルパディング

 ・アスペクト比16:9用(サイドカット)

  856×480に変換して左右108ピクセルクロップ

 ・アスペクト比4:3用

  640×480に変換

この設定を使用する際はいわゆる最新ffmpegの実行バイナリとNeroAACコーデックバイナリが必要となる。

このためffmpeg実行バイナリを入手後、入手した「ffmpeg.exe」を「ffmpeg2.exe」にリネームして「cores」フォルダに入れること。

またhttp://www.nero.com/jpn/technologies-aac-codec.html からNeroDigitalAudio.zipを入手し解凍して出てくる「win32」フォルダ内にある3つのexeファイルを「cores」フォルダに入れる必要がある。

あと、予めS006本体で撮影したムービーに偽装するためのファイル「Camouflage_MOVIE_for_S006.ini」を「cores」フォルダに入れておく。

「Camouflage_MOVIE_for_S006.ini」は以下の通り。

[Config]
Title=S006本体で撮影したムービーに偽装します
UUID=%A8%8C%11%D4%81%97%00%90%27%08%77%03
Build_mfra=1

[DeleteAtom]
Item0=ftyp
Item1=uuid
Item2=free
Item3=drm%20

[InsertAtom]
Item0=ftypkddi%00%00%01%00kddi3g2a3gp5
Item1=uuidcpgd%00%00%00%00%00%00%00%00%00%00%00%00%00%00%00%00%00%00%00%00
Item2=uuidenci%00%00%00%00KDDI-SN%00S006%00%00%00%00SNMP4EN5SNMP4MP5
Item3=uuidmvml%00%00%00%00%FF%FF%E0%00<%TimeStamp%>

このファイルをzipで固めたものをここに挙げておく。

肝心の変換スクリプトは以下の通り。

[Info]
Title=_機種別設定:au Sony Ericsson S006向け設定
TitleE=Model:For au Sony Ericsson S006
Description=au Sony Ericsson S006向け設定:(Xvid + AAC).3g2
DescriptionE=Setting adjusted for au Sony Ericsson S006 to 3g2 used Xvid engine.

[Item0]
Title=16:9source -> 3g2(レターボックス640x(60+360+60)) / Xvid 1000kbps 30fps / AAC 192kbps Stereo

Command0=""\cores\ffmpeg2" -threads 3 -i "<%InputFile%>" -vn -acodec pcm_s16le -ac 2 -y "<%TemporaryFile%>.wav""
Command1=""\cores\neroAacEnc" -if "<%TemporaryFile%>.wav" -lc -br 192000 -of "<%TemporaryFile%>.aac"
Command2=""\cores\ffmpeg2" -y -threads 3 -i "<%InputFile%>" -timestamp "<%TimeStamp%>" -vcodec libxvid -vf "scale=640:360,setdar=16:9,pad=0:480:0:60" -r 30 -b 1000k -an -f 3g2 "<%TemporaryFile%>_1.3g2""
Command3=""\cores\ffmpeg2" -y -threads 3 -i "<%TemporaryFile%>.aac" -i "<%TemporaryFile%>_1.3g2" -timestamp "<%TimeStamp%>" -vcodec copy -acodec copy -muxrate 320k -async 100 -f 3g2 "<%TemporaryFile%>_2.3g2""
Command4=""\cores\ATOMChanger" "<%TemporaryFile%>_2.3g2" "<%OutputFile%>.3g2" "Camouflage_MOVIE_for_S006.ini""
Command5="cmd /c "del "<%TemporaryFile%>*.*"""

[Item1]
Title=16:9source -> 3g2(サイドカット(-108+856-108)x480) / Xvid 1000kbps 30fps / AAC 192kbps Stereo

Command0=""\cores\ffmpeg2" -threads 3 -i "<%InputFile%>" -vn -acodec pcm_s16le -ac 2 -y "<%TemporaryFile%>.wav""
Command1=""\cores\neroAacEnc" -if "<%TemporaryFile%>.wav" -lc -br 192000 -of "<%TemporaryFile%>.aac"
Command2=""\cores\ffmpeg2" -y -threads 3 -i "<%InputFile%>" -timestamp "<%TimeStamp%>" -vcodec libxvid -vf "scale=856:480,crop=640:480,setdar=4:3" -r 30 -b 1000k -an -f 3g2 "<%TemporaryFile%>_1.3g2""
Command3=""\cores\ffmpeg2" -y -threads 3 -i "<%TemporaryFile%>.aac" -i "<%TemporaryFile%>_1.3g2" -timestamp "<%TimeStamp%>" -vcodec copy -acodec copy -muxrate 320k -async 100 -f 3g2 "<%TemporaryFile%>_2.3g2""
Command4=""\cores\ATOMChanger" "<%TemporaryFile%>_2.3g2" "<%OutputFile%>.3g2" "Camouflage_MOVIE_for_S006.ini""
Command5="cmd /c "del "<%TemporaryFile%>*.*"""

[Item2]
Title=4:3source -> 3g2(640x480) / Xvid 1000kbps 30fps / AAC 192kbps Stereo

Command0=""\cores\ffmpeg2" -threads 3 -i "<%InputFile%>" -vn -acodec pcm_s16le -ac 2 -y "<%TemporaryFile%>.wav""
Command1=""\cores\neroAacEnc" -if "<%TemporaryFile%>.wav" -lc -br 192000 -of "<%TemporaryFile%>.aac"
Command2=""\cores\ffmpeg2" -y -threads 3 -i "<%InputFile%>" -timestamp "<%TimeStamp%>" -vcodec libxvid -vf "scale=640:480,setdar=4:3" -r 30 -b 1000k -an -f 3g2 "<%TemporaryFile%>_1.3g2""
Command3=""\cores\ffmpeg2" -y -threads 3 -i "<%TemporaryFile%>.aac" -i "<%TemporaryFile%>_1.3g2" -timestamp "<%TimeStamp%>" -vcodec copy -acodec copy -muxrate 320k -async 100 -f 3g2 "<%TemporaryFile%>_2.3g2""
Command4=""\cores\ATOMChanger" "<%TemporaryFile%>_2.3g2" "<%OutputFile%>.3g2" "Camouflage_MOVIE_for_S006.ini""
Command5="cmd /c "del "<%TemporaryFile%>*.*"""

このファイルをzipで固めたものをここに挙げておく。

いずれの設定でも640×480の動画が出来上がる。

ビットレートはお好きなように修正願う。


保護フィルムはこれを貼ってみた   microSDHCはハイスピードタイプにすべき

コメント

  1. 曽新居 より:

    はじめまして。少しズレた質問で申し訳ないのですが、
    S007も16:9動画を全画面再生出来ないのでしょうか?
    その場合はこちらの設定が利用可能でしょうか?

  2. white-voice より:

    曽新居さん、こんばんは。
    コメントありがとうございます。
    S007は所持していないのですが、仕様を見る限り
    16:9動画を偽装して全画面再生することはできないようです。
    こちらで公開している設定をS007で利用できるかどうかは
    当方ではわからないです。
    おそらく利用できるとは思うのですが、どなたか
    実際に利用してみた結果を報告いただければ、と思います。

タイトルとURLをコピーしました