サンフランシスコ発のチャイナ・エアラインは手荷物の重量をチェックする 子連れラスベガス+α(サンフランシスコ編)

9日目22時半頃、空港そばのパークポイントホテル(旧シティガーデンホテル)

試合途中でAT&Tパークを後にし、路面電車、BART、空港のエアトレイン、ホテルの無料送迎バスと4つもの交通機関を使って、ホテルまで戻ってきたのだ。

ホテルの部屋にはとっくに相方が戻っている。

オレサマとチビさんのメジャーリーグ観戦の間に市内中心部でチープなショッピングを楽しんだようだ。

そのうちの1つがこれ。

 Levis_522

ロス・ドレス・フォー・レスで購入したリーバイスのジーンズ、約20ドル。

ハワイのロスより売り場の商品が整理されているおかげで探しやすかったとのこと。

さて、これから帰国の途につく。

オレサマとチビさんが搭乗するチャイナ・エアライン、サンフランシスコ発〜台北着のチャイナ・エアライン3便は1:40発、もちろんエコノミー。

相方が搭乗する日本航空、サンフランシスコ発〜羽田着の日本航空1便は1:25発。

相方はプレミアム・エコノミー。

羨ましいじゃねぇか。

ホテルを出る前にささっとシャワーを浴びる。

フロントでチェックアウトし、夜11時過ぎ発の無料送迎バスで空港に向かう。

チャイナ・エアラインとJALとに分かれてそれぞれチェックインを済ませる。

空港の主要なお店はほとんど閉まっている。

我が家恒例の余った現地通貨でがっちり買いまショウは出来ない。

チャイナ・エアラインの搭乗が始まったようなのでゲートに向かう。

相方とはここから我が家までの間、暫しのお別れ。

チャイナ・エアラインのゲートは行列ができている。

何だ何だと思っていたら、なんと手荷物の重量を1つずつ計っている。

持ち込むことが出来ない荷物が大量にゲートの横に置かれており、あたふたしている人たちがそのそばで荷物の整理をしている。

こちとら疲れ切っているんだからさっさと乗せてくれい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする