ワイルドフラワー・ブレッド・カンパニーで朝ごはん 子連れラスベガス+α(セドナ編)

海外旅行
スポンサーリンク

8日目朝8時半、デザート・クエイル・イン。

朝ごはんを外で食べる必要がある。

戻ってくるのは面倒なので、チェックアウトする。

大量の荷物を階段で2階からおろしてレンタカーに積み込む。

 

朝ごはんは相方の希望でセドナの中心、ザ・ワイの交差点のすぐそばにあるショップス・アット・ハイアットにあるワイルドフラワー・ブレッド・カンパニーで食べることにする。

 

モーテルの前の道は中央分離帯があるので一旦右折。

すぐのところのラウンドアバウトでUターンして北上する。

 

ザ・ワイのラウンドアバウトを抜け、次の信号で左折すると左手にハイアットの駐車場がある。

この駐車場はホテルのゲストのほか、ショップス・アット・ハイアットの客も利用できるようだ。

 

ワイルドフラワー・ブレッド・カンパニーに入る。

ここは注文と会計を済ませて、席で待つ方式のようだ。

例によって例のごとくカウンターの上にあるメニューを少し離れたところから睨みつけ、暫し考える。

 

会計を済ませて、空いている席で待つ。

待っている間に満席だった奥のテラス席が空いた様子。

ここでいいじゃないかというオレサマに対し、テラス席がいい!と強く主張する相方に気圧され、テラス席に移動する。

 

テラス席からは、セドナっぽい景色が広がる。

残念ながら曇天だったが、とりあえずパノラマ写真等を撮っておく。

 Panoramic_view

 

オレサマが注文したのは、ソーセージ・エッグ・サンドイッチ、6ドル弱。

 Sausage_and_egg_sandwich

雑味のない、店主のドヤ顔が目に浮かびそうなオーガニック的な味。

 

相方はこの店名物の1つという、バナナ・ナッツ・パンケーキ、6ドル。

 Banana_pancakes

大層美味しかった様子。

これまで食べたハワイのどのパンケーキよりも、パンケーキそのものがおいしいらしい。

なぜあんなに人気なのか理解に苦しむエッグ・スン・シングスはもちろんのこと、ブーツ・アンド・キモスやオリジナル・パンケーキ・ハウスよりもウマイのだ。

 

チビさんはキッズメニューからミートボール、5ドル。

 Kids_meatball

一見、朝からヘビーな感じだがそうでもないようで美味しそうに食べている。

 

このテラス席、開放的だし眺めがよいのだが何故かハエがぶんぶん飛んでくる。

追っ払うのが面倒なので店内に引っ込む。

 

店内の雰囲気もよい。

なんだかよくわからないが落ち着くし、ゆっくり出来る。

セドナ、いいじゃないか。

たとえ大地のパワーを1ミリも感じなかったとしても、だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました